入札単位を理解することは重要です。

 

現在の価格→入札単位
0円以上〜1000円未満→10円
1000円以上〜5000円未満→100円
5000円以上〜1万円未満→250円
1万円以上〜5万円未満→500円
5万円以上→1000円

 

このように、価格が変わるたびに入札単位が変わります。
この入札単位が変わる瞬間が重要です。
例えば9999円と10000円。
10000円になった瞬間に単位が変わります。

 

例えば、A君が10000円をつけていてB君が10001円を入札していたとしましょう。
当然、B君の方が高額なので次に入札するA君は10501円以上を入札しなければなりません。

 

そう、このたった1円の差でこれだけの違いがでてきます。

 

あなたの限界入札価格が10500円の場合、上の例でいけば入札の方法ひとつで、勝ち負けが変わってきます。
入札単位が変わり目は特に差が大きいので、早い段階で大きく入札して先手を打つ必要があります。
大きく入札するんです。できるかぎり早い段階で大きく。
「じゃ10001円でいいの?」

 

いいえ、違います。
例えば、価格が10000円に到達する前(例、8000円)に1001円を入札したとしても1002円を入札されていれば、1002円が最高入札額になります。
だから、自分の出せる入札額を大きく入札する必要があります。
チマチマ入札しては、知らないうちに損をしているケースがあります。

 

入札単位の変わり目は後手に回れば、上でも説明しているように損なんです。
先手に回れば、得することになります。
入札単位の変わり目は1000円、5000円、10000円、50000円です。
入札単位の変わり目は大胆に大きく入札することが、落札率を上げてくれます。