心理学的なアプローチの入札方法の紹介です。
世の中の商品には9800円、980円、などの価格帯をよく目にしませんか?
これはなぜでしょうか?
そう、人は微妙な値段の違いで「高い・安い」と判断する基準があるのです。

 

例えば、10000円ジャストの価格は心理的に安いと感じる人が多いようです。
では逆に5960円、11350円などはどうでしょう?
なんだか高く感じませんか?
このポイントは端数を増やすことと偶数を多用しない(偶数は安く感じることが多いため)ことです。

 

もし、今まで入札に「5000円だから次は6000円!」といったやり方をされていたのなら、こういったアプローチも試してみてください。
あと一歩の競り合いで効果がでる場合があります。