これは厳密にいえば、オークションでは規約違反になります。
これを実行するかは各自の判断に任せます。
商品説明にのせてあるメルアドもしくは、「O&A」を使って直接取引の交渉を持ちかけます。
たとえば、
「この商品を5000円で購入したいのですが、直接取引できますか?」のように。
うまくやれば、かなり安く購入することも可能です。

 

しかしそういうメールを無視する出品者もいらっしゃるだろうし、相場とあまりにかけ離れた価格での交渉は、失礼に当たります。
ですが、それなりの価格で、そして誠意をもってお願いすれば結構みなさん応じてくれるようです。
特に、商品説明にアドレスを載せているかたは、価格によりますが、おおむね応じてくれるはずです。
なぜなら、直接交渉をしないなら、商品説明にアドレスを公開するメリットはほとんどないからです。

 

注意点としましては、この直接取引でやり取りを行ったとき、万が一トラブルが生じてもオークションサイトはなにも補償してくれません。
直接取引する場合は、すべて自己責任になってきます。